あきまるの男子ごはん|酸辣湯麺(スーラタンメン)

Suanla-Tangmian Gourmet

久しぶりに料理動画を作成しました。今日は久しぶりに酸辣湯麺(スーラータンメン)です。

■材料(4人分)

  • ニンニク・・・適量
  • ショウガ・・・適量
  • 鶏もも肉・・・300g
  • ニンジン・・・半分
  • 細切りタケノコ・・・1パック
  • シイタケ・・・4つ
  • キクラゲ・・・6枚ぐらい
  • 白菜・・・5-6枚
  • 長ネギ・・・1/4本
  • 豆腐・・・半丁(小さいパックを1つ)
  • チンゲン菜・・・1束
  • 卵・・・1個
  • 中華麺(細麺がオススメ)・・・人数分

■調味料その他

  • 油(サラダ油|ゴマ油)・・・各大さじ1
  • 塩コショウ・・・適量
  • 創健社「中華だし」・・・2袋(大さじ2相当)
  • 水・・・800cc
  • 酒・・・大さじ5
  • 醤油・・・大さじ5
  • 白コショウ・・・適量
  • 片栗粉・・・大さじ4(量に応じて調整しながら使う)
  • ラー油・・・適量
  • 酢(黒酢がベスト。なければ白酢でOK)・・・大さじ3-4(お好み)

■手順(下ごしらえ)

  1. 細切りタケノコをパックからザルにあけて洗う。
  2. ニンジンは千切りにして細切りタケノコと同じザルに入れておく。
  3. シイタケはあさつきの硬い部分だけを切り落とし、細切りにしておく。
  4. キクラゲは湯で戻す。4-5分で戻るのですぐにザルにあける。必要に応じて食べやすい大きさに切る。
  5. 白菜は、細切りにしておく。
  6. 長ネギは1cm程度の幅で斜めに切り白菜と同じザルにいれておく。
  7. 鶏もも肉は細切りにする。(動画では片栗粉にまぶしているがどちらでもOK)
  8. ニンニクはみじん切り、ショウガは千切りにしておく。
200804 Suanla-Tangmian 酸辣湯麺(スーラータンメン)

■調理開始

  1. 深底のフライパンにサラダ油とゴマ油を入れて火をつける。中火でOK。
  2. ニンニクとショウガを入れてじんわりと炒める。
  3. 鶏もも肉を投入して炒める。塩コショウで下味をつける。
  4. 鶏肉の色が半分ぐらい変わったら、細切りのタケノコとニンジンを投入。
  5. 全体がしんなりしたらシイタケとキクラゲを投入。炒め続ける。
  6. 全体に火が通ったら白菜と長ネギを投入。混ぜ炒める。
  7. 中華だしを入れて混ぜ合わせる。
  8. 水(またはお湯)を入れて煮る。
  9. 煮立ったら、酒と醤油および白コショウで味を整える。(味見をしながら。薄いと思ったら塩を使ってもOK)
  10. 細切りにした豆腐を入れて混ぜ合わせる。
  11. 片栗粉:水=1:1の水溶き片栗粉をスープを混ぜながら少しずつ入れていき程よいとろみがついたらOK。
  12. チンゲン菜を追加。軽く煮る。
  13. 溶き卵を箸をつたわせながらゆっくりと流し入れ、熱で固める。(混ぜすぎない)
  14. ラー油をお好みで入れる。
  15. 火を止めて、酢を入れて酸っぱい味を調節する。→スープ完成。
  16. 別の鍋にたっぷりのお湯を沸かし、中華麺を茹でる。
  17. 麺を茹でたらザルにあげ、お湯を切ったら、そのままどんぶりにわける。(水で洗わない。)
  18. できあがったスープを麺の上からかける。
  19. いただきます!


酸辣湯麺は、今世紀になってから日本で市民権を得たラーメンではないかと。
ワタシは鶏肉を使うのですが、ブタ肉を使う方もいらっしゃいます。

具材だけで10種類になるので、これ一品だけで充分かもしれませんね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました